Google+ Followers

2016年12月28日水曜日

大使館からの注意喚起(豪州内でのテロ未遂について)

メルボルン(ビクトリア州)で爆弾テロを計画していた7人が逮捕されました。

キャンベラ在留邦人の皆様へ(12月28日)
在オーストラリア日本国大使館

この度,メルボルンで12月24日に一連の爆弾テロ等を計画していた7名が逮捕されました。この7名はイスラム過激化組織IS(イスラム国)の影響を受けていたとされています。
標的となっていたとされる場所は以下のとおり(メルボルン市内)です。
・フリンダース・ストリート(Flinders Street)駅
・その近くの連邦広場(Federation Square)
・セントポール大聖堂(St. Paul’s Cathedral)

ビクトリア警察は22日夜に7人を逮捕しました。爆発物など様々な武器を使う準備をしていたと見られています。

12月28日現在,豪州ではテロの脅威度は「Probable(起こりそうである)」から変更はありませんが,今年9月にはイスラム過激化組織ISIL(イスラムとレバントのイスラム国)がウェブ雑誌上で豪州でのテロ行為を呼びかけています。

つきましてはテロの標的となりやすい場所(※)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等,ご自身の安全の確保に努めてください。
(※1)年末年始等のイベント会場,観光施設,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット等人が多く集まる施設,教会等宗教関係施設,公共交通機関,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等
(※2)例えば,先にお知らせした通り,ISILはそのウェブ雑誌でオーストラリアの象徴的な場所での攻撃を呼びかけています。
(スポット情報: http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2016C245.html )

<日本大使館への情報提供のお願い>
 ACT内では在留邦人の皆様が被害を受けたという情報に万一接した場合には,下記の当館代表電話(週末、休日も含め,24時間対応いたします。)にご連絡いただくか,緊急でない場合は,下記の領事E-mail宛てにメールをお送りいただければ幸いです。

また在留届に記載のご住所,電話番号やメールアドレスにご変更がございましたら,早めにオンライン,もしくは下記連絡先にて内容の修正をお願いいたします。
先にお知らせしましたとおり(広域情報: http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2016C344.html )国内外にご旅行される際には「たびレジ」へのご登録をお願いします。
(たびレジの登録: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )

併せて当地の「安全の手引き」(2016年2月改訂)も併せてご覧ください。
http://www.au.emb-japan.go.jp/files/000180556.pdf

******************************************
在オーストラリア日本国大使館領事部
112 Empire Circuit,
Yarralumla, ACT 2600 Australia
Tel :   02-6273-3244(代表)
Fax :  02-6273-1848
Web : http://www.au.emb-japan.go.jp/jp/
E-mail : consular@cb.mofa.go.jp(領事メール)
******************************************