Google+ Followers

2017年12月13日水曜日

シドニー / 「シドニー空港」における乗り継ぎアシスト、一部ルール変更に

シドニー国際空港にて、カンタス航空便への乗り継ぎアシストを行う際のルールに一部変更が生じましたのでご案内いたします。
  ■ 概要〔対象〕
日本及び第三国発のフライトを利用し、シドニー空港着後、
カンタス航空の国内線乗り継ぎ時に「乗り継ぎアシスト」を利用されるお客様。
 (主にツアーのお客様)〔変更後のルール〕
カンタス航空が提供する「トランジットバス」に、
乗り継ぎのアシストを行うガイドの同乗が不可となりました。
 同バスには、国内線利用者のみが乗車可能なルールに変更となっております。〔これまでの対応〕
乗り継ぎされるお客様と乗り継ぎのアシストを行うガイドが、
カンタス航空のトランジットバスへ同乗、国内線ターミナルへ移動し、
搭乗口までご案内しておりました。〔今後の対応〕
ガイドはお客様と国際線ターミナルで合流後、カンタス航空のトランジットバス乗り場までご案内。
 その後、ガイドのみ「有料バス」又は「電車」にて国内線ターミナルへ移動。
 再び、お客様と国内線ターミナルで合流し、チェックインのアシストを行い
搭乗口までご案内いたします。〔影響等〕
ガイドは「有料バス」又は「電車」を利用するため、状況によっては
カンタス航空が提供する「トランジットバス」の方が国内線ターミナルに
早く着いてしまうことがあります。(お客様をお待たせする可能性あり。)

シドニー到着後、乗り継ぎのアシストを行うガイドより、国内線ターミナルの合流ポイントについて説明を行うなどして対応いたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿