Google+ Followers

2016年4月28日木曜日

ゴールデンウィークにおける動物検疫の強化について (協力のお願い)

弊社が加入しているOTOA(海外ツアーオペレーター協会)
※ 簡単に言うなら、旅行会社さんの依頼を受けて、海外の実際の手配(ホテル・レストラン・送迎・展示会の準備・オプショナルツアー・視察の準備・学校や施設との交渉や調整・・をちゃんと行う会社の団体と言うのでしょうか・・
以下 OTOAの会報からの抜粋です
オセアニアは入っていませんが、海外なので同様のご配慮をお願いします。

------------------
この度、農林水産省 動物衛生課 国際衛生対策室より、観光庁観光産業課を通じ
ゴールデンウィークにおける動物検疫の強化について情報提供がご
ざいました
ので、以下にお知らせいたします。
------------------------
  ゴールデンウィークにおける動物検疫の強化について (協力のお願い)
――――――――――――――――――――――――――――――
――――――

日頃から、動物検疫業務に御理解と御協力を賜り感謝申し上げます。

現在、中国、韓国、台湾等の諸外国・地域においては、口蹄疫、高病原性
鳥インフルエンザ等の家畜の伝染性疾病の発生が継続的に確認されており、
これらの疾病が我が国に侵入することを防ぐため、農林水産省動物検疫所
(以下「動物検疫所」という。)においては、発生国からの畜産物輸入を
禁止しているほか、空海港での入国者に対する靴底消毒、車両消毒、
海外での家畜との接触歴等に関する口頭質問を実施するなど、水際検疫を
徹底しているところです。

これからゴールデンウィークの時期を迎え、人や物の動きが一層激しくなり、
国内各空海港においても海外からのチャーター便などの増加が見込まれる中、
家畜の伝染性疾病の侵入リスクが極めて高まります。
そのため、動物検疫所においては、引き続き、水際検疫を徹底することと
しております。

つきましては、下記の内容について関係先への情報提供・注意喚起等を
行っていただきますよう、お願いいたします。

                 記

1. 動物検疫所では、渡航者や入国者に対して以下の点に関する注意喚起を
  行うため、広報用のリーフレット〔日本語、英語、韓国語及び中国語
  (簡体字・繁体字)併記〕及びビデオ(日本語、英語)を用意しております。
  これらの配布について御協力をお願いいたします。

 (1) 中国、韓国、台湾等の諸外国・地域において、口蹄疫、高病原性
   鳥インフルエンザ等の家畜の伝染性疾病の発生が相次いで確認され
   おり、個人消費を目的としたものであっても、これらの国からの
   肉製品の日本への持込みは禁止されていること。

 (2) 海外からの病原体の持込みを防止するため、入国者に対して実施して
   いる靴底消毒に御協力いただきたいこと。

 (3) 海外では家畜を飼養している農場等への不要な立入りを避けるよう
   していただきたいこと。

 (4) 海外で牛、豚、鶏等の家畜のいる場所に立ち入った方や国内で
   家畜に触れる予定のある方は、入国時に動物検疫所のカウンターに
   お立ち寄りいただきたいこと。

2. 動物検疫所ウェブサイトへのリンクバナー等を設定して、ホームページ上で
  動物検疫に関する情報提供を行うことに御協力をお願いいたします

 * 農林水産省ホームページ
  「空海港における水際検疫の強化について」
   URL http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/quarantine_beefup.html

 * 動物検疫所ホームページ
  「家畜の伝染性疾病の侵入を防止するために
       ~海外へ旅行される方へのお願い~」
   URL http://www.maff.go.jp/aqs/topix/mizugiwa.html
  「Animal quarantine information for travellers to Japan」
   URL http://www.maff.go.jp/aqs/languages/info.html

 * 政府広報インターネットテレビ
  「動物検疫・植物検疫 ~海外からの持ち込みに注意~」
   URL http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg9589.html

以上