Google+ Followers

2017年5月26日金曜日

日航が豪・新路線 9月以降、成田―パリは運休検討

日本経済新聞電子版より

 日本航空(JAL)は9月以降に国際線を改廃する。オーストラリアや米ハワイで就航地点を増やす一方で、テロなどの影響で伸び悩む成田―パリ線やソウル線は運休を検討する。2010年の経営破綻後に公的支援を受けたJALは路線開設を制限され、大型機の処分など収益改善に徹してきた。17年4月に制限がなくなり、国際線の大幅な組み替えで成長戦略を加速する。

 早ければ9月にも成田―豪メルボルン線を新規就航する。既存の成田―シドニー線や他社とのコードシェア(共同運航)と合わせて、豪州路線を拡充する。
欧州方面は円安基調で訪日外国人客の利用は堅調だが、相次ぐテロの影響で日本人の観光需要が振るわない。

JALは10年の経営破綻後に公的支援を受けて再建した。ただ公的救済が業界の競争環境をゆがめた可能性があるとして、今年3月末まで新規投資や路線開設を実質的に制限されてきた。
-----------------------------------------------------
大企業・JALや東京電力・豊洲の放置で税金を使っている国
つぶれない。税金救済 いいですね。零細企業にも手を差し伸べる政治家は居ないのですかね?
JALを倒産したさせた実務決定者や原子炉の安全対策を怠った当事者は今、何処に天下りしているのかな?? すこし、不満を言ってみたかった。