Google+ Followers

2018年7月20日金曜日

シドニー・クリケット・グラウンド・ウォーキング・ツアー

ガイドとともにシドニー・クリケット・グラウンド、アリアンツ・スタジアム(Allianz Stadium)、そしてシドニー・クリケット・グラウンド博物館を1時間半で訪ねるバックステージ・ツアーが人気です。このエリアはシドニーのスポーツの殿堂と呼ばれるのにふさわしい場所で、クリケット、ラグビー、サッカーなどの国際試合が行われます。ガイドから有名選手のエピソードなどを聞けるかもしれません。
選手が使用しているロッカールームの椅子に座ったり、クリケット・グラウンドに降り立ったり、アリアンツ・スタジアムのプレイヤーズ・トンネルを歩いたり、夢のような体験ができるツアーです。
ツアーは月曜日~土曜日の午前10時からスタート。最少最高人数は2人からで、30人定員のツアーとなります。祭日や大きなイベントが開催される日にはツアーは行われませんので、必ず事前にご確認ください。料金は大人A$30。子供A$20。

尚、プライベートなグループのためにもツアーを催行しています。詳しくは以下のウェブサイトをご覧ください。
ウェブサイト: http://www.scgtour.com.au/
(写真 右上 © Ethan Rohloff; Destination NSW)

ロイヤル・ランドウィック競馬場で「ロイヤル・レーシング体験」を!

1833年に開設されたロイヤル・ランドウィック競馬場はオーストラリアン・ダービー、ザ・チャンピオンシップスなど、オーストラリア競馬を代表するレースが行われる競馬場です。オーストラリアでは競馬は社交の場でもあります。華やかに着飾った人々が競馬を観戦しながら談笑し、競馬場のオシャレなレストランで美味しい食事を楽しみます。「ロイヤル・レーシング体験」に参加すれば、競馬を通してシドニーのライフスタイルや最高級のグルメを体験いただけます。歴史ある競馬場の舞台裏を歩くツアーは、シドニーの競馬を熟知した日本語ガイドがご案内いたします。また旬の地元産食材を使った豪華な3コースランチとドリンクもお楽しみいただけます。
「ロイヤル・レーシング体験」は毎週土曜日に開催され、所要時間は約5時間です。料金など、詳しくは以下にお問い合わせください。
シドニーではオーストラリアの秋にあたる4月の第1土曜日と第2土曜日に大きなレースが行われ、シドニー秋の競馬祭として親しまれています。ロイヤル・ランドウィック競馬場で開催される主なレースは以下の通りです。
ザ・チャンピオンシップス1日目 2019年4月6日 (土曜日)
ドンカスター・マイル(賞金2億5千万円)
TJスミス・ステークス(賞金2億1千万円)
ザ・チャンピオンシップス2日目 2019年4月13日(土曜日)
クィーン・エリザベス・ステークス(賞金3億3千万円)
シドニー・カップ(賞金1億6千万円)
クイーン・オブ・ザ・ターフ・ステークス(賞金8千万円)
通年を通して、様々なレースが開催されています。

ロイヤル・ランドウィック競馬場はシドニーでユニークなインセンティブ・ツアーを企画するのにお勧めの場所です。優雅で華やかな名門競馬場でのイベントは忘れられない思い出となるでしょう。シドニー中心部とシドニー空港から近いこの競馬場には、場内外で20以上のイベントを開催できる施設があり、会議、展示会、セミナー、結婚式など、様々なイベントに対応できます。特にお勧めなのがクィーン・エリザベス・グランドスタンド・ボールルームです。700人を収容できる1300平方メートルのボールルームは5つに区切ることができ、Wi-Fiやプロジェクター、スクリーンなど最新鋭の機器が備え付けられています。シドニーを一望できる眺めも素晴らしく、ケータリング・サービスも定評があります。
(写真  グランドヴュールーム© Australian Turf Club)
ウェブサイト: http://www.eventsbyatc.com.au/royal-randwick/

2018年7月19日木曜日

州内最大のチャリティ自転車イベント「B2GC 2018」

2018年10月14日(日)にクイーンズランド自転車協会(Bicycle Queensland)が主催するクイーンズランド州内最大のチャリティ自転車イベント「B2GC」(ブリスベン to ゴールドコースト・サイクルチャレンジ)は、ただ今絶賛エントリー受付中です。

今年は何とオッパッピーのギャグでお馴染みの小島よしおさんの参加も決定いたしました。
ますます盛り上がりそうな2018年大会にレッツ注目です

※B2GC 2018 公式サイト
 https://b2gc.jp/ (日本語)
 https://b2gc.com.au/ (英語)
情報提供:クイーンズランド州政府観光局 (TQ)

2018年7月18日水曜日

ケアンズ / 「ラグーンプール」メンテナンス情報 (7~8月)

ケアンズシティ中心部にある旅行者の憩いの場、「エスプラネード・ラグーンプール」が、整備点検のため下記の期間閉鎖となります。閉鎖期間中にプール底、ポンプ、デッキ、照明などの整備を行います。

 ■ 閉鎖期間: 2018年7月16日(月)~8月05日(日)

8月06日(月) 午前06:00に再オープンいたします。
上記期間中にご利用予定の方はご注意ください。

なお、マディーズ・プレイグランドなど他の無料施設やトゥブロク・メモリアルプールなどは通常通りオープンしております。

※ラグーンメンテナンス情報
http://www.cairns.qld.gov.au/esplanade/facilities/lagoon (英語)
情報提供:トロピカル・ノースクイーンズランド観光局

2018年7月12日木曜日

モートン湾に「シーベル・ブリスベン・マルゲートビーチ」が完成!

 ブリスベン空港から20分、ブリスベン中心部からは40分、南太平洋の潮風が気持ちいいモートン湾のビーチエリアにクイーンズランド州で9番目となるシーベルブランド「シーベル・ブリスベン・マルゲートビーチ」がグランドオープンいたしました。
 総工費1500万ドルをかけ完成した全58部屋あるシーサイドのブティックホテルの客室の内装は、窓辺から遠くにモートン島を望む美しいパノラマオーシャンビューを際立たせるシックな色合いでまとめられ、まさに洗練されたミニマルスタイルそのもの。
 近隣に海水浴やピクニックを楽しめる大きな海浜公園「サットンズ・ビーチ・パーク」があり、ファミリーレジャーの拠点として立地が良いホテルです。
 またホテル内にもプールやコンファレンスルームもあり、チームビルディングや中規模のグループインセンティブにも最適です。
  ※シーベル・ブリスベン・マルゲートビーチ(The Sebel Brisbane Margate Beach)
住所: 1 Mcculloch Avenue, Margate Beach, 4019 BRISBANE


2018年7月9日月曜日

ゴールドコースト / ドリームワールドで期間限定の「トロール・ヴィレッジ」

「カンフーパンダ」や「シュレック」などのヒットアニメ制作会社 ドリーム・ワークス・プロダクションと提携しているゴールドコーストのテーマパーク「ドリームワールド」(Dreamworld)に、大人気アニメ映画でアカデミー賞にもノミネートされた「トロール」の仲間たちが大集結する「トロール・ヴィレッジ」が一年間の期間限定で出現いたしました。
ここではアニメの世界を再現したカラフルな一角を探検したり、トロールたちによるロックテイストのライブコンサートに参加出来るほか、子供たち自身がトロールになりきることが出来る世界で唯一の場所「なりきりトロール・ビューティサロン」で大変身することも!
期間中は週7日毎日オープンしています。

※ドリームワールド (Dreamworld)
 住所: Dreamworld Parkway, Coomera, Queensland 4209, Australia
 オープン時間: 毎日 10:00~17:00 (クリスマスなど一部の祝日を除く)
 詳細:
  ドリームワールド トップ https://www.dreamworld.com.au/ (英語)
  トロール・ヴィレッジ https://www.dreamworld.com.au/things-to-do/Trolls-Village (英語)

情報提供:クイーンズランド州政府観光局 (TQ)

2018年7月5日木曜日

クイーンズランド州 / 州内のスーパーや小売店にてレジ袋が全面廃止に

もう既にオーストラリア国内各所や一部大手スーパーチェーンなどでは開始しているところもありますが、クイーンズランド州でも2018年7月1日より、スーパーや小売店にて使い捨てのレジ袋(Single use plastic bags)の配付が州全土で取りやめになります。
 現地へお出かけのお客様への伝達事項として、食料品を買いに出かける際には、特にリユース可能なショッピングバッグ(エコバッグ)を持参することを強く念押し頂ければと思います。(尚、包装されていない野菜や肉などの生鮮食料品用の包装や、ゴミ袋、デパートの厚手の袋などは対象外となります。)

 世界自然遺産が5つあり、保護すべき野生動物も多く生息するクイーンズランド州ならではの環境に配慮した取り組みとなっておりますので、旅行者の皆様へもご理解とご協力を頂きますようお願いいたします。
情報提供:クイーンズランド州政府観光局(TQ)

2018年7月3日火曜日

国際フライトの機内に持ち込むパウダー類の量規制

 在オーストラリア日本大使館

 豪州内務省は、6月30日より豪州から出発する国際フライトの機内に持ち込むパウダー類の量規制(350ミリリットル・350グラム)をはじめました。国際フライトを利用する際には、ご留意願います。
 詳細については、以下のサイトをご覧ください。

https://www.homeaffairs.gov.au/travel-secure/Documents/fact-sheet-travelling-with-powders-liquids-aerosols-gels.pdf